読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「身体を冷やすと風邪ひくよ」

「身体を冷やすと風邪ひくよ」というのは昔からよく言い伝えられていることです。

そんな「おばあちゃんの知恵」には実は根拠がありそうだというお話。

 

  ■”Cold virus replicates better at cooler temperatures”「風邪ウィルスは低温で増殖し易い」( YaleNews)

f:id:healthsolutions:20150203171734j:plain

   

風邪の主因ウィルスであるライノウィルスは、温かい肺の中よりも少し低温な鼻腔の中の方が増殖し易いというのは研究者の間ではよく知られている事実です。

 

しかしながら、過去の研究は体温がウィルスに対して与える影響は見ていたものの、免疫システムに与える影響は見てきませんでした。

 

そこで、イェール大学のイワサキアキコ教授の研究グループは、温度と免疫反応を調べることにしたのです。

 

ネズミの気道から採取した細胞を使い、深部体温である37℃で培養した時とそれより低い33℃で培養した時とでライノウィルスに対する反応を比較したところ、免疫反応が低温だと阻害されることを突き止めたのです。

 

しかも、温度の変化の影響はウィルスそのものよりも免疫細胞に対するものの方が大きそうだということが示唆されました。

 

要は、寒くしていると免疫細胞の働きが鈍り、ウィルスを排除しきれなくなって風邪をひき易くなるということですね。

 

今回の実験は「ねずみレベル」なので、普通ならまだ無視すべき段階なのですが、首回りを冷やさないとかマスクをつけるなどで、なるべく身体、特にウィルスが感染し易い気道を温めておくというのは副作用や費用などのコストなしでできる話なので、真に受けて損はなさそうです。

 

卵酒が風邪に良いなどというのも、実は体温を上げることに関係しているのかもしれませんね。

 

また、風邪の予防のためだけでなく風邪をひいてしまった後であっても、なるべく身体を温かくしておく方がベターということでしょう。

 

ということで、皆さま、まだまだ寒さは続きますので、どうぞ身体を冷やしませんように。