読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年優駿牝馬(オークス)のイチ推しはリラコサージュ

G1前の土曜日なので、久しぶりに競馬予想。

オークスのイチ推しの馬は、リラコサージュ。

 

理由は、、、

 

・今年は桜花賞のレースのレベルが低い。

勝ち時計1.35.0は同日の3歳未勝利戦の勝ち時計とわずか0.3差。その他桜花賞のトライアルレースのチューリップ賞も同様にしょぼいレース。これだと他路線に食指が動く

 

・トライアルのフローラSはまあまあ注目できる

同日の1500万下の同条件の時計よりはさすがに悪いけど、1-3着馬が叩きだした上がり33秒台は1500万下の勝ち馬1頭のみが出している数字。

このレースの勝ち馬デニムアンドルビーが1番人気というのはそういう意味では妥当。でもやはり上がり33秒台の脚を使った2着のエバーブロッサムも、それなら勝負になる。

 

・エバーブロッサムが2着したフラワーC組(サクラプレジール、リラコサージュ)も勝負になる

 

・中でリラコサージュが距離伸びて一番良い。

何と言っても父ブライアンズタイム。距離伸びてこその血統でトライアルのスイートピーS(1800m)で水準以上の時計で勝ち上がってきたのは評価できる。フラワーCのビデオ見ても、鋭さ負けして差されたけれど最後までしっかり伸びている。こういうタイプは長く良い脚を使え、府中向き。

 

・ともかく人気が全然ない

今のところ13番人気。単勝38.1倍。相手が絞りにくいレースなので、馬券的にはこの馬の単勝と複勝で勝負したいところ。