読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タミフルで救われた一日

プライベート

朝から何だか妙に筋肉痛&関節痛。前日に昔の職場のイベントで久しぶりにお天道様の下で身体を動かしたからかと思いながら、医療の勉強会に出ていたり友人宅に家族でお邪魔したりしていたのだが、夕方になって頭痛に寒気まで出てきてこれはマズイと思ったのが昨日のこと。


家に戻るなり熱を測ったら、案の定38.9度と久しぶりの高熱だった。


季節的にも自覚症状的にも一番疑われるのがインフルエンザ。今年も予防接種は受けたが、まだ1週間チョイしか経っていないので十分に効果を発揮するところまではまだ来ていない。


家族にうつしたくないし、何よりも独りで仕事しているのでそう何日も寝込んではいられない。困ったと思っていたら、妻が「タミフル残っていたはずよ」と、2年前に新型インフル流行に備えてキープしていたものを差し出してくれた。


タミフルという薬は、インフルエンザのウィルスの増殖を抑える作用がある。だからロジカルに考えれば、インフルエンザだとしたら服薬のタイミングは早ければ早い方が良い。


今の状態でインフルエンザかどうか明確に白黒つけることはできないが、受診して検査したとしても偽陰性(本当は陽性なのに陰性の結果が出る事)になる可能性も結構ある。それに日曜日の夜では近所でさっと受診というわけにもいかない。


ということで、ちょっと迷ったが夕食後に飲んで一晩経ったら、熱も下がり自宅で一日仕事ができるくらいに回復した。この分であれば明日は外に出ても大丈夫そうだ。


もちろんインフルエンザではない可能性もあるのだが、今日のこの回復具合からすれば、やはりタミフルが効いた=インフルエンザだった、と考えるのが自然だろう。


こういう自己診断に基く服用方法は一般的には勧められないかもしれないが、個人事業主だったり受験生だったり一日たりとも無駄にできないような人は、予防接種はもちろんのこと、お守り代わりにタミフルを備えておくのは理に適ったリスクマネジメントだろう。