読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラは菊に似合わない〜菊花賞

「閑話休題」、でたまには競馬の話をしよう。
(競馬の話はちんぷんかんぷんな方は読み飛ばしてください)


明日は3歳牡馬三冠レースの最後、菊花賞


今年は皐月賞ヴィクトワールピサ凱旋門賞への遠征、そしてダービー馬エイシンフラッシュが直前の故障のため、どちらも不在。結果、ダービー2着で直前の神戸新聞杯に勝ったローズキングダムが押し出されるような形で、ダントツの1番人気となっている。


この馬、ダービー時には人気を5番人気まで落としていて、皐月賞と比べて条件が好転するのにあまりにも変だと思い、超久しぶりに馬券(複勝)をちょっと買ってお世話になったのだが、今回は逆に人気し過ぎていると感じる。


ローズキングダムは、馬体やレースぶりから見ても、良馬場で切れ味勝負になると強さを発揮するタイプ。逆に皐月賞のように力の要る馬場の底力勝負ではちょっと厳しい。線が若干細い上品な馬だ。


今回の菊花賞、スローペースで上がり3Fで33〜34秒台の切れ味勝負ならこの馬の出番も出てこようが、意外に先行馬が揃いなおかつ仕掛けの早そうな馬(トウカイメロディ)がいる中で、きっちりスタミナ勝負になりそうな感じだ。上がり35秒はしっかりかかるだろう。


それに、いわゆる「バラ一族」は、こう言っては何だがG1勝つには底力不足で、いいとこ来るけどせいぜい2,3着のイメージが強い血族だ。ということで今回はバッサリと切る。


では何が勝つか?


今年の3歳牡馬はレベルが非常に高い。その中で、一番厳しいレースでかつメンバーのレベルが揃っていた皐月賞の上位馬はやはり強いだろう。(ダービーはかなりのスローペースで直線ヨーイドンの競馬だったのであまり参考にならない)


となると、やっぱり皐月賞2着のヒルノダムールは中心に考えて良さそう。父マンハッタンカフェ、BMSラムタラであれば、スタミナに関してもドンと来いだろうし、少なくともローズには負けないだろう。


もう一頭人気のトウカイメロディは、前哨戦で古馬相手にオープン2連勝と、通常の年であればダントツ人気になってもおかしくない戦績。ただ、前述したように今年の3歳牡馬は非常にレベルが高い(というか古馬がだらしない)ので、額面通りには受け取れない。更に、重厚な血統でスタミナは間違いなくあるが、"京都向き"とは言えないところが若干のマイナス材料。


あと気になる馬を一頭挙げるとしたら、レーヴドリアン。人気は全くないが、京都の長距離が合いそうなタイプの馬だ。柔らかくて腰がいまいちしっかりしない、こういう馬は直線平坦の京都は合う。


明日は3分余りの束の間のドラマを楽しむこととしよう。