読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディカル・インサイト事業初年度最終日を迎えるにあたり

あともう少しで8月31日。
そして、8月31日はメディカル・インサイトにとっては事業初年度の締め日である。


昨年9月に会社を設立し11月に事業をスタートさせたわけだが、ひとまずの区切りという事で、初年度の活動を「5大ニュース」の形で振り返ってみたい。




<ニュース①:コンサルティング・ビジネスの伸長〜捨てる神あれば拾う神あり〜>


当初、補完的な位置づけで考えていたコンサルティング・ビジネスが、想定以上にしっかりとした事業の柱となった。それも、事前にクライアントと期待したところの話が消えてしまった一方で、想定していなかったクライアントとのお仕事が複数件出てきた。


いずれも、かつて色んな形で一緒に仕事をした方々からの思いがけないお声掛けがきっかけであり、まさに「捨てる神あれば拾う神あり」。会社員やりながら起業を考えている人は、今やっている仕事はとにかく力一杯やることだ。仕事ぶりは必ず見ている人がいる。


おかげさまで、ほぼ当初の計画通り事業初年度内に月次利益ベースで黒字化する事が出来た。ベンチャーは何やかや言っても、まずはしっかり事業として軌道に乗せる事が大事なので、ともかくも良かった。




<ニュース②:「TOBYO」との出会いとDFCの着想>


本ブログでも経緯を記してきたが、日本最大の闘病ブログポータルサイト「TOBYO」の三宅さん・奥山さんとの出会いは本当に得難いものだった。三宅さんのBlogを発見して押しかけアポで面談した昨年末のタイミングが、ちょうど先方も事業化の方向性を見出そうとしていた時、というのも何かの運命だったと思う。


「DFC(Direct from Consumer)」の概念を思いついたのも、この三宅さんたちとの出会いが契機だし、それがDFCディスティラーという新サービスになって生まれようとしているのは、非常に感慨深いし責任も感じる。


来年は、言い方は変だが、TOBYOを"男にする"年にする。


関連エントリー:
2009年12月25日 「TOBYO開発ブログ」
 http://d.hatena.ne.jp/healthsolutions/20091225/1265768362
2010年2月15日 「Website事業〜「TOBYO」とのコラボ〜」
 http://d.hatena.ne.jp/healthsolutions/20100215/1266245310
2010年4月6日 「TOBYOプロジェクト〜”narrow path”の出口〜」
 http://d.hatena.ne.jp/healthsolutions/20100406/1270566300




<ニュース③:ノマド・ワーキングスタイルの確立>


「1人カイシャ」を志向する自分のやり方では、
インキュベーション・オフィスのサービスは世の中にたくさんあるけど、どうもピンとこないと思いながら、都内で電源が使えるカフェを探して出会ったのが、「勉強カフェ」。


結果、これが大当たり。
非常に落ち着いた広々としたスペースで仕事ができるのも、直接の仕事の関係のない人たちとのちょっとした会話を楽しめるのも、セキュリティがしっかり確保されているのも、IT系の”ちょいと相談”リソースが確保できているのも、すべてが想像以上。


自宅とこの勉強カフェを基地としながら、クライアントやパートナーとの打合せを転々としながら行なう「ノマドワーキングスタイル」がすっかり確立した。


関連エントリー:
2010年2月17日 「仕事の穴場”勉強カフェ”」
 http://d.hatena.ne.jp/healthsolutions/20100217/1266417977
2010年3月10日 「書評:「仕事するのにオフィスはいらない」(佐々木俊尚)」
 http://d.hatena.ne.jp/healthsolutions/20100310/1268232822




<ニュース④:ソーシャルメディアでの活動>


この一年は、ソーシャルメディアとの出会いでもあった。


昨年まではほとんどろくなエントリーができていなかった本ブログ、年初に今年の目標100エントリーとしたが、既に140エントリーを達成している。また、年初はほとんど訪問者がいなかったのに、気が付いたらここ最近は毎日100人近く見に来て頂いている。


Twitter上でも2月にアカウントを取得し、Tweetを開始。
こちらでも、170人以上の方が気が付いたらFollowして下さっている。


もちろん、αブロガーみたいな数字とはほど遠いわけだが、それでも自分の思うところをしっかりとアウトプットして、それを見て考えてくれる人がいるということは、本当に感謝である。


リアルな場ではまだお目にかかったことは無いけれども、ソーシャルメディア上でフォローして頂いている方々には特にこの場で御礼申し上げたい。




<ニュース⑤:講演デビュー>


以前の会社の仕事でも、講演は行なってはいたが、もちろん報酬はなし。講師料を頂いていわば「プロ」としての講演をこの1年で2本行なった。


1つは「DTCマーケティングシンポジウム2009」、もう1つは先日の「PBA医薬マーケティング・8月講座」。いずれも、自らのプロマネ時代の体験を活用した話だったが、受講者の皆さまからのフィードバックがかなりポジティブなものだったので、ほっとしている。人によって色々だろうが、自分は講演で話す事はかなり好きだし面白いので、上記主催者の方々には感謝申し上げると同時に、今後もチャンスを作ってどんどんチャレンジしていきたい。




ということで、振り返りは以上。明日、次年度以後の計画に付いて紹介させて頂きたい。